物流倉庫の賢い使用方法を考えよう

現代の社会において流通の時間的なスピードについていくためには生産工場と顧客との間に存在する物流倉庫の存在は不可欠なものとなっています。実際に物流倉庫自社で管理しているのであれば、問題がない部分もありますが、他の企業から借りる場合には、荷役作業を行う作業員の問題や品物の数や生産ロットの管理体制をはじめとして契約上において多くの選択肢があります。ただ製品が多くおけても管理体制が整っていなければ生産ロットによる先入れ先出しという業界の在庫管理や荷役作業の基本を無視してしまうことにもなりかねません。形態による借り方の違いや契約内容による経費の違いや製品の管理体制による安全性や作業の効率なども考慮してできるだけ賢い契約方法の仕方を説明していきます。

借り方による違いで考えられる作業員の経費

実際に物流倉庫借りる場合には契約先の業務形態の違いについて事前に確認をしておくことが賢い活用方法の基本になります。一般的に保管場所を必要なスペース応じて借りる事になりますが、契約先の業務形態の違いによって荷役作業員を契約先で代行してくれる場合と自社で作業員を手配しなくてはならない場合があります。これは単に人を集めるという問題以前に大切な製品の入出庫作業や在庫管理などを行う訳ですからそれなりの経験豊富な人材が作業を行うのが理想だといえますし、扱う製品によってはフォークリフトなども用意しなくてはなりません。フォークリフトにも免許は必要ですし、在庫の管理も専門の事務員などがいれば安心をして業務委託ができます。もちろん自社の用意する経費や運営方針によっても違いはありますが、事前に確認をしておくことが保管場所だけでなく、荷役作業や在庫管理を含めた総合的な業務効率の向上に不可欠なポイントになります。

製品や建物の形態における契約内容の有利不利について

物流倉庫を借りる時に作業面や在庫の管理面以外にも注意をしていかなくてはならない事があります。自社で扱う製品の性質や保管場所の形態によっては契約内容も注意をして決定していく事で無駄な経費を省く事が可能になります。一般的な契約形態には保管場所のスペースで借りる坪単位での借り方とスペースではなく製品の1単位での契約との2種類があります。坪単位の場合には1坪あたりの金額を毎月支払うスタイルでその他に荷役作業や事務作業を委託するのであれば、在庫管理料や荷役作業量などが発生する事が基本になりますが保管場所にかかる経費は一定になりますが、製品が季節によって増減が激しい場合や製品がパレット積で高く詰めなければあまり効果的には利用できません。一方の1単位ごとで契約する事を個建て契約と言いますが、この場合には月間を1期だけでなく2期や3期という感じのわけ方をする事で保管料を計算する場合もありますので製品の荷動き次第によって保管料にも違いが出てくる事があります。どちらにしても自社の製品の性質や保管場所の状況によって自社に有利になるような契約を結ぶ事が必要になります。